ページナビトップ会長挨拶協会規約役員行事日程登録情報歴史LINKプライバシーポリシーお問い合わせ
種別項目社会人リーグ大学高専高校中学クラブジュニア女子フットサルシニア技術審判規律医学九州国体
TOP > 女子〈規約〉

規 約

第1章 総則

第1条(名称)
 本委員会は、九州サッカー女子委員会と称する。

第2条(目的)
 本委員会は、九州サッカー協会規約第7条に準拠し、九州における女子サッカー競技の普及発展と技術向上を図り、併せて女子サッカー選手の心身の健全な発達に寄与し、女子サッカーに関わるすべての人々相互の親睦を図ることを目的とする。

第3条(事務局)
 本委員会の事務局は、委員会の定める場所に置く。

第4条(事業)
 本委員会は、第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
1 女子サッカー競技の普及、啓発、選手強化に関すること。
2 女子サッカー競技の主催、主管、後援又は認可に関すること
3 女子サッカー技術の研究及び指導に関すること。
4 女子サッカー審判技術の研究及び指導に関すること。
5 女子サッカー競技に関する記録及び保存に関すること。
6 その他、本会の目的達成に必要な事業。

第2章 組織

第5条(役員)
 本委員会には、以下の役員を置く。
1 委員長   1名
2 副委員長  若干名
3 委 員   8名以上14名以内
4 事務局長  1名(委員を兼ねる)
5 監事    2名以内

第6条(役員の選出)
 本委員会の役員選出については、以下による。
1 委員長及び副委員長は、委員会において推薦し、承認する。
2 事務局長は、委員長が推薦し、委員会で承認する。
3 幹事は、委員会において推薦し、承認する。
4 委員のうち8名は、各県女子委員長の職にある者とし、その他の者は委員長が推薦し、委員会で承認する。

第7条(役員の職務)
 役員の職務は 以下のとおりとする。
1 委員長は、本会を代表して業務を統括する。
2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときはこれを代行する。
3 事務局長は、委員会の事務を統括する。
4 委員は、委員会を組織し、会務を執行する。
5 監事は、財務及び業務執行の監査を行う。

第8条(役員の任期)
 役員の任期については、以下のとおりとする。
1 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2 補欠又は、増員により選出された役員の任期は、現在者の在任期間とする。
3 役員は、その任期満了後においても後任者が就任するまでは、なおその職務を行わなければならない。

第3章 会議

第9条(会議)
 本委員会の会議は、女子委員会とする。

第10条(会議の構成)
 本委員会の最高決議機関は女子委員会とし、委員長、副委員長及び委員によって構成し、次の事項を審議、決定する。
1 役員の推薦及び承認
2 事業計画、予算及び事業報告、決算
3 本規約の改廃
4 その他決議を要する重要事項

第11条(会議の開催)
 本委員会は、毎年2回以上、委員長が召集する。
1 委員会は、委員長が必要と認めたときに委員長が召集する。
2 委員会は、委員総数の半数以上が出席しなければ開会することができない。ただし、委任状を提出して代理人を指名し、表決を委任することができる。

第4章 各種別委員会(部会)

第12条(部会)
 本委員会には、次の種別委員会(部会)を置き、その組織及び運営に関する規定は別に定める。
1 高校部会
2 大学部会

第13条(種別委員会の会務)
 種別委員会は、次の会務を処理する。
1 各種大会開催に関すること
2 普及、指導に関すること
3 委員会の連携に関すること
4 金銭出納、帳簿の作成及び保存に関すること
5 その他の事項

第5章 専門委員会及び事務局

第14条(専門委員会及び事務局の設置)
 本委員会には、次の専門委員会及び事務局を置く。 1 技術委員会
2 審判委員会
3 規律・フェアプレー委員会
4 事務局
第15条(技術委員会)
 技術委員会は、次の会務を処理する。
1 選手の強化、技術の普及、指導に関すること
2 指導者の養成及び研修に関すること
3 トレーニングと技術の理論、方法論に関すること
4 選抜研修大会、講習会の開催及び指導強化
5 その他の事項

第16条(審判委員会)
 審判委員会は、次の会務を処理する。
1 審判規則の研究、解釈に関すること
2 大会審判の派遣に関すること
3 審判員の指導及び講習会の開催に関すること
4 公認審判の資格審査に関すること
5 公認審判員の胸章、名簿作成、保存に関すること

第17条(規律・フェアープレー委員会)
 規律・フェアープレー委員会は、次の会務を処理する。
1 スポーツマンシップに関すること
2 サッカー競技場内又はその周辺に発生した選手、チームに関する懲罰事項の調査並びに処分の決定に関すること

第18条(事務局)
 事務局には事務局員を置き、次の会務を処理する。
1 主催行事の企画、運営、記録、保存に関すること
2 役員名簿作成及びに日本、九州、各県サッカー協会との連絡事項事務処理に関すること
3 金銭出納、帳簿の作成及び保存に関すること
4 広報活動その他、委員会に属さない事項

第6章 会計

第19条(会計年度)
 本委員会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

第20条(経費)
 本委員会の経費は、下記の収入により支弁する。
1 九州サッカー協会の運営補助金
2 九州各県女子委員会の分担金
3 事業収入
4 寄付金及び広告収入
5 その他

付則

九州女子サッカー連盟規約制定
 昭和59年 4月 1日
九州女子サッカー委員会規約
 平成 9年 4月 1日改正

九州サッカーリーグ高円宮杯第44回九州高校サッカーフェスティバル